レビトラジェネリック

レビトラジェネリック/バイアグラに勝るED治療薬です

レビトラジェネリック

レビトラジェネリックはED治療薬レビトラのジェネリック薬(後発薬)です。

 

レビトラはバイアグラに次いで発売されたED治療薬です。

 

ED(イーディー)とは「勃起機能の低下」を意味し、英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」といわれています。

 

そのような言葉にすると、完全に勃起ができない状態、考ええがちですが、実はそうではないんです。

 

勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまったりして、満足のいく性交ができないと感じる人は、いずれも EDの疑いがあります。

 

専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

 

 

このEDになる原因には心因性のものもあり、年齢的には40代から50代が最も多く、日本のED人口は1100万人以上とも言われています。

 

風邪をひいたときには風薬を飲むように、年齢的に若くてもEDかなと思ったら、ED治療薬を飲むことはごく自然なことではないでしょうか。

 

レビトラジェネリックは、レビトラのメリットである飲んでから効果が表れるまでの時間の短さや、服用してから食事をしても効果に影響がほとんど無い点など、レビトラの長所をそのまま引き継いでいます。

 

しかも、レビトラジェネリックはジェネリックの特徴である価格の安さも特筆すべきものがあり、20mg錠でレビトラの5分の1の価格で購入できてしまうんです。

 

 

ただ、いきなり通販でレビトラジェネリックを購入して服用するにはいろいろなリスクを伴います。

 

まず、ニトログリセリンなどの硝酸剤を服用している人は、急激に血圧が低下してしまい死に至る危険性もあるんです。

 

なので、レビトラジェネリックを初めて使用する場合は、少し抵抗があるかもしれませんが、一度クリニックを受診して医師と面談した上でED治療薬の使用が認められた後に、ご自分で通販を利用して購入するのが最善の方法だと思います。

 

>>>ED治療薬をご覧になりたい方はこちら

レビトラジェネリックジェビトラ

レビトラジェネリック・ジェビトラはレビトラのジェネリック薬ですが、主成分はレビトラの有効成分と同じバルデナフィルです。

 

バルデナフィルは、性的興奮を感じたときに陰茎海綿体の動脈を広げてスムーズに勃起させる作用があります。

 

また、バルデナフィルは水に溶けやすい性質があるため、服用後15分くらいで効果があらわれます。

 

 

レビトラジェネリック・ジェビトラは薬の成分の血中濃度が最高になる(もっとも効果が高くなる)のも40分〜60分と3大ED治療薬のなかで最短です。

 

参考までに、効き目が早くなる順番は、レビトラ→バイアグラ→シアリスの順です。

 

効き目の持続時間は、バイアグラとレビトラが約4時間で、シアリスは約36時間です。

 

効き目の強さ(勃起の硬さ)では、レビトラジェネリック・ジェビトラが一番です。

 

その反面、顔の火照りなどの副作用はやや強い傾向があります。

 

硬さの順番は、レビトラ→バイアグラ→シアリスの順です。

 

ただし効き目と副作用には個人の相性もありますので、あくまでも一般的な評価です。

 

ED治療薬はどれも、空腹時に飲むほうがよく効きます。

 

また服用後に脂っっこい食事をすると効果がすぐに表れない傾向があります。

 

バイアグラにはとくに食事の影響を受ける性質がありますが、レビトラジェネリック・ジェビトラはバイアグラよりかなり受ける影響が軽くなります。
食事の影響を受けにくい順番は、シアリス→レビトラ→バイアグラの順です。

 

レビトラジェネリック・ジェビトラは重症の糖尿病などで血管障害がある場合を除いて、心因性のEDにも効果を発揮します。

 

レビトラジェネリック・ジェビトラの大きな魅力の一つは値段の安さでしょう。

 

くすりエクスプレスの比較ですとレビトラの20mg 1箱(合計4錠)\6,358に対して、 ジェビトラ20mg 1箱(合計10錠) \3,058ですから、1錠に換算するとレビトラの5分の1の値段で購入できるメリットは大きいと思いますね。

 

>>>ED治療薬をご覧になりたい方はこちら

レビトラジェネリック効果

レビトラの主成分であるバルデナフィルは、PDE5阻害剤といって、PDE5という勃起を阻止する酵素の働きを邪魔する役目を果たす薬なんです。

 

バイアグラ以前のED治療は、漢方薬を試してみるか陰茎に注射を打つといった方法しかなかったんですが、PDE5阻害剤の登場で、使い易い錠剤の飲み薬でED治療が可能になりました。

 

PDE5阻害剤で効果が表れる割合は約80%と言われています。

 

心因性EDでも、マスターベーションに問題がなければ神経や血管は反応できるということなので、PDE5阻害剤は有効という事です。

 

何度かうまくいって不安が消えると、心因性EDは完治する例が少なくないんです。

 

一方、糖尿病によるEDは症状が重いのも事実ですが、約65%の患者がPDE5阻害剤で効果を得ているという結果もあります。

 

PDE5阻害剤は、「勃起を助ける薬」で勃起を起こす薬ではありません。

 

精力剤とは違い、性欲もないのに勃起させるわけではなく、薬が効いている間ずっと興奮し続けて困るようなこともありません。

 

 

そもそも勃起は、性的刺激による現象なんですね。

 

性的刺激を受けると、陰茎の神経や血管の内皮からNO(一酸化窒素)が放出されます。

 

すると血管を広げるcGMPという物質が産出され、血流が促されて勃起の開始・維持ができるんです。

 

ところが、動脈硬化によって血管内皮が傷んでしまうとNOの放出が十分でなくなるため、cGMPも少なくなり、結果として勃起に障害が生じてしまいます。

 

そのうえcGMPはPDE5という酵素に分解され、消えていく物質なんです。

 

PDE5阻害剤は、このPDE5の働きを阻止することでcGMPを長持ちさせて、勃起を助ける働きをするんです。

 

現在、PDE5阻害剤には「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があります。

 

医師と相談のうえ、患者自身の生活パターンなどに合わせて選択するのが一般的と言えます。

 

>>>ED治療薬をご覧になりたい方はこちら

レビトラジェネリック/インドの特許

レビトラジェネリックなどのジェネリック薬は、インドで製造された物がかなりの部分を占めています。

 

なぜインドで作られたジェネリック薬品が多いんでしょうか?

 

一般的に薬は、その薬の特許期限が終了から、初めてジェネリックを作る事が許されます。

 

ですが、インドではこの医薬品の特許に関する法律が他国と全く違います。

 

成分特許を認めていないインドなど特許制度が欧米と異なる国では、特許が切れた薬ではなく、インドの国内法において特許が認められていない、特許の適用から外れている医薬品がジェネリック医薬品として大量に生産されています。

 

そんな理由で、特許が切れていない薬でも合法的にジェネリックを作ることができるんです。

 

2005までのインド国内の特許法では、医薬品は特許として認められていなかったんです。

 

なので、インド国内では、新薬が出ると合法的にジェネリック医薬品を作る事が許され、堂々と海外に輸出をしていました。

 

インドのジェネリック医薬品は「発途上国の薬局」と呼ばれ、世界のジェネリック医薬品の大半をインドで作っていました。

 

高い新薬を使用できる財政状態にない「国境なき医師団」などが利用する薬の8割は、このインドのジェネリック医薬品で支えられているのが現状なんですね。

 

またインドのジェネリック医薬品は、品質も高く安全性も非常に高いにもかかわらず値段が安いと言う特徴があるんです。

 

特に、発展途上国では、エイズ(HIV)の問題が大きく、このエイズ治療薬のほとんどがインドのジェネリック医薬品で支えられています。

 

欧米からはインドの特殊事情についての不平不満がかなりあり、インドにも2005年には医薬品の特許を認める法律が出来ました。

 

しかし、インドで特許を取得するハードルはかなり高い上に、2005年以前のジェネリック薬についてはインドの国内法に守られて製造できるので、インド国内のジェネリック製造が大幅に変わることはあまりなかったようです。

 

それに、安価なインドのジェネリック薬にたよっている国民や、発展途上国にとって薬価が上がれば、国の財政自体が破綻してしまう危険もあるんですね。

 

そんな諸事情から、欧米諸国も強硬に出られない事情があるんです。

 

>>>ED治療薬をご覧になりたい方はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ